【酒】
お酒とは、水やエチルアルコールなどでつくられた発酵飲料のことを指します。日本ではアルコール度数が1%以上のものはお酒とされています。
発酵されていることによって独特な風味を出しているのが特徴です。アルコールの度数が高くなると、舌などにしびれのような感覚が起こる場合があります。

お酒に含まれているエチルアルコールは、脳内の器官を鈍らせます。最初の段階では開放的な気持ちになるだけです。
しかし飲み過ぎればたちまち脳全体の機能が低下します。そのため足元が覚束なくなったり、記憶が飛んでしまったりするのです。

エチルアルコールは体内でアセドアルデヒドという物質になり、酢酸になっていきます。
このアセドアルデヒドは有害の物質で、酢酸になることが遅れてしまうと二日酔いなどの不調が引き起こされます。
日本人はこのアセドアルデヒドから酢酸になるまでが遅い人が多数です。

【シャンパン】
シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方でつくられた炭酸のようなワインのことを指します。
シャンパンという名前はフランスのシャンパーニュ地方でつくられたものでなければ名乗れません。その他のフランス産はヴァン・ムスーと言われてます。

イタリア産はスプマンテ、ドイツ産はゼクトなど同じような飲み物でも呼び方がかなり違います。
なので、一般的に炭酸のようなワインはまとめてスパークリングワインと呼ばれています。

シャンパンなどのお酒は買取をしてくれる業者があります。
頂いたものだけど得意としないお酒だったり、飲めなかったりしたときに買取を利用する人が多いようです。
買取価格は業者によって違うので、下調べ後に買取をしてもらいましょう。

イチ押しリンク